四阿山(あずまやさん)標高:2354mってきました
   菅平にあるお山。群馬県嬬恋村と長野県須坂市・上田市との境にあります。
距離:10.4Km 標高差:868m. モデルタイム6時間かけてスノーシューを楽しむコースです。
イメージ 25
2月3日(水)仕事を終えて東部湯の丸SAで車中泊。
そして、翌日4日(木)のお山登りのお話です。

今回は新品の冬用ザックをしょったので-す
 「 OSPREY(オスプレー) コード32 」
イメージ 1
雪山、バックカントリー用(BC)のザックです。
スノーシューを簡単に且つ しっかりと留めることが出来ます。ブラブラしないで良い感じです。

雪の上にポイっと置いちゃいました。
イメージ 2
生地は420Dと丈夫だし、背面パネルは雪が付着しにくい素材。
今までは背面はメッシュだったので気を使って大変でした。

雪がじわーっと染みてきたとしてもザックの中は、ハイ!この通り
イメージ 8
完全防水のドライサックを入れ二重構造にしています。
アタックザック兼用です。
(EXPEDエクスペド Splash 15。わずか100gです)

オスプレー コード32は 背面が大きく開いて荷物の出し入れが楽チンです。
*登山ザックとは異なる視点から作られています。

それから、この肩に通すショルダーベルトが素晴らしい!
イメージ 3

ジッパーを開けると、ハイこの通り!
イメージ 4
凍結からハイドレーションを守るように収納が出来るのです
冬でもキャップを開ければ水をチュ-チュウと吸えます

尿酸値が高くて痛風を恐れるオヤジは、まめな水分補給が肝心!
痛風は、風が吹くだけで痛~いんですよ。
山で痛風が出たら一大事となってしまいますから―

水を入れるウォーターキャリーの凍結を防いで→
登山の基本である重いものは背中側の上の方にキープしています。
イメージ 5

イメージ 6
*細かくDIYしてます。
①銀シートの下にもプチプチを巻きサランラップで止めています。(保温力アップ・軽量化)
②最後にスタッフバックに入れ、紐の長さでザックの中での高さ調整をします。
③エバニューハイドレーションチューブ EBY271にネオプレーンを巻いてます。
*チューブの先端の飲み口が凍りやすいので 飲んだら吹いて水滴を飛ばし、グローブで水分を拭き取るのがポイント。

もう一つ新品の山道具、
サーモスの魔法瓶、山専用ボトルを持って行きました。
イメージ 7
 
他の魔法瓶と違いがない?と小バカにしていたのですが500ml用なのに280gという軽さにです。


イメージ 9
ザックに入れる配置はシルバー色の袋の中。
(見えていない背中側にハイドレーションシステムが入っています。)


水関係は吊るして背中側の上部に配置が出来ました。それも固定されています。
これで、軽いものをザックの下側に収納しても潰れない。素晴らしいぞコード32!

それでは、
ハイドレーションは凍らないか 山専ボトルでカップ麺を美味しく食べれるか
2つの実験結果を楽しみに 登山口、あずまや高原ホテル.の横からスタートです !
イメージ 10
スタート地点はマイナス6℃でした。

晴れてて気持ちがいーい。
イメージ 11

スノーシュー遊びにはサイコーの白樺の道です。
イメージ 12

野リスの足跡、みーつけ!
イメージ 13

早く完璧なモンスターになぁーれ!
イメージ 23

成長しているモンスターの間を歩くシーンをぜひ動画で見て下さいね。


頂上が見えて来ました。
イメージ 14

今日はたった3人しかすれ違いませんでした。唯一、喋った人の背中姿です。
イメージ 15

頼りにしてます、リボンちゃん。
イメージ 24

おっー! 浅間山! かっちょいいーー
イメージ 21

闘う君の唄を、闘わない奴等が笑うだろーファイト! を口ずさんでラストスパートです!
イメージ 16

ファイト一発で頂上に到着です
イメージ 17
大河ドラマ「真田丸」で脚光を浴びている真田一族。
真田家の氏神、山家神社の奥宮が頂上にありますので参拝しました。

上越の山々をじっくりと眺めました。
イメージ 22
高妻山はピストンして、頸城三山(妙高山~火打山~焼山)は縦走したいな。

さて、昼飯ターイム。今回はサービスエリアで買った「信州のお煮かけそば」
イメージ 18
山専ボトルでお湯を注いだらけっこう熱いお湯です!OKでしたー

では、もう一つの実験、
ハイドレーションのチューブは、この氷柱のようににカリカリに固まってしまったでしょうか?

イメージ 20


なんせモンスターの間や頂上はマイナス9℃でしたが、
イメージ 19
 凍りませんでした―― ワーイ!


下山後は、
無料で車を停めさせてくれた あずまや高原ホテルの温泉でゆったりしてから帰りました。